AIEについて

HOME > AIEについて > AIEについて

AIEについて理念会社概要

さあ、航海を始めよう

AIEは「国際日本人育成」を目指します。
私たちのいう国際日本人とは、大海原を超え、日本人として世界のために何かができる人。
自らを磨き、深い人間性を養いながら、未来に挑戦していく人。
そして社会に貢献の花を開き、実を結ぼうとする人をいいます。
AIEは、そんな勇気ある若者たちが集い、新しい文化を創造する場所です。
「新しい風」を探し求める若者のために、私たちは活動し続けます。

AIEについて


aboutAIE2.jpgSINCE 1981
1981年。「アメリカの大学を卒業する」という正規留学を志す学生のためのプログラムをカリフォルニアで開設。「送り出す留学」から「受け止める留学」をモットーに、日本人カウンセラーが常駐しながら留学を成功に導く「レジデンシャルプログラム」がスタートしました。また同時に、同じ留学目標を持つ仲間が集まり、グループとして留学生活を乗り切るというシステムを作り、1期生全員が4年生大学を卒業しました。当時、日本人学生の学部卒業率は僅か数パーセントといわれる中、100パーセントの卒業率は、関係大学からも高く評価されました。

aboutAIE1.jpg人生は自分で創るもの
「人生は与えられるものではなく、自分で創るもの」。これが、創業者・大越俊夫が学生に常に伝えてきたメッセージです。大越は、日本での大学職を捨て、単独でアメリカに渡り、米国の大学を説得して、学内にAIEのプログラムを誕生させました。そして、「誰かに、何かをしてもらおうと思ってはいけない。まず、自分が、相手に何を出来るかを考える。常に、"What can I do for you ?"だ」と、学生と寝食を共にしながら語ってきました。この精神がAIEの伝統です。

aboutAIE3.png未来へ
創立以来、毎年、AIE生たちは、大学の卒業証書・ディブロマを手に、未来に向かって巣立っていきます。 その卒業証書は、単に留学の成功を意味するものではなく、どんな困難にも向かっていく精神力と、仲間と切磋琢磨し合った証です。1993年には、卒業生たちが、英語専門学校「AIE英語専科」を神戸で立ち上げました。AIEの伝統である「人生は自分で創る」の実践です。
AIEは、新しい自分に生まれ変わる勇気を持った若者と、共に歩み続けます。